〝FOURTEEN FIVE〟がSOF2017の会場にブース出店決定!



昨年ファッションチェキを仕切ってくれた
Neekoのブランド〝FOURTEEN FIVE〟がSOF2017の会場にブース出店決定!

145:FOURTEEN FIVE(フォーティーンファイブ)
身長145cmのデザイナーNeekoが発信するアパレルブランド。
ブラックがメインのアイテムは作らないというこだわりと、
様々な音楽・ファッションカルチャーを落とし込んだ個性的なデザインが特徴。

Official HP https://www.fourteenfive.info
Twitter/Instagram @145_ff

Posted : 2017.05.30
タイムテーブル公開!
SCREAM OUT FEST 2017 タイムテーブル決定!
※当日運営、進行の都合で変更や遅延が出る場合もありますのでご了承ください


Posted : 2017.05.26
SYLAR単独公演情報


▼ツアー情報
"SYLAR Japan tour 2017"
●6月6日(火)大阪 南堀江 SOCORE FACTORY
 出演: SYLAR / MAKE MY DAY / UNIONS / Betrayer Death Penalty
 
●6月7日(水)名古屋 今池 CLUB 3STAR
 出演: SYLAR / MAKE MY DAY / UNIONS / Paledusk
 
<TICKET>
OPEN 18:00 / START 19:00 ※両公演共通
前売:¥4,300(+1ドリンク代) ※両公演共通
Official  http://bm-3.shop-pro.jp/?pid=116940205 
各出演バンドでの予約も受付中です
Posted : 2017.05.22
Opening Act + DJ決定!


Opening Act として先日 Periphery 東京公演のサポートに抜擢された 福岡の Paledusk の出演が決定!そしてイベント T シャツの着用モデルに抜擢された yAmmy が DJ として出演決定!
Posted : 2017.05.12
SCREAM OT FEST 恒例のイベントTシャツデザイン公開!


SCREAM OUT FEST 2017イベントTシャツデザイン公開!
2014年には最上もが(でんぱ組.inc)、2015年増井みお(PASSPO☆), 2016年にはPassCode等を起用して来た
SCREAM OUT FESTのイベントTシャツの着用モデル,今年の着用モデルはミスiDオーディション2017CHEERZ賞を獲得したyAmmy!!

 

yAmmy 
迷い猫のフィガロと暮らす全長149cm。現在は株式会社からくさ所属/アパレル部H>FRACTALに所属しアクセサリーブランド"unclod"のアイコン、ディレクションなどを行なっている。父の影響で幼い頃からメタルミュージックを好み、夢で見た記号など左腕を中心に9つのタトゥーが入っている。講談社主催のミスiDオーディション2017にて一般投票1位を半年間守り続けCHEERZ賞を受賞。MV主演、モデル、ラジオパーソナリティー、DJなど幅広く活動している。

 公式HP  http://yammy.tokyo/




 
Posted : 2017.04.25
ラインナップ第2弾発表!
お待たせしました!ラインナップ第2弾発表です。
今回追加なったのは5組
USラウドシーンで急速に人気を拡大しているニューカマー
SYLAR(US).
昨年新木場で圧倒的なパフォーマンスを見せてくれたNOCTURNAL BLOODLUST
2年連続の出演が決定!そして先日活動再開を発表したHER NAME IN BLOOD。
昨年はOAでの出演でしたがツイッターのトレンド入りするなど公表だった横浜のFOAD
今年TRIPLE VISION ファミリーとなった東京デスコアシーンの急先鋒
Victim of Deceptionの計5組の参戦が決定。
既に発表済みのBORN OF OSIRIS、CHELSA GRINを含め7組が決定。

会場を川崎に移した理由が解ってもらえるであろう「メタル度高め」のラインナップ
になりました!毎年恒例となってる
イベントTシャツのデザイン+着用モデルの公開
ミート&グリートの発表など近日情報公開予定です!。

VIPチケットは既にSOLD OUTしましたが一般チケットは各プレイガイドにて
販売中!詳細は下記で確認してください!


SCREAM OUT FEST 2017

会場 チッタ川崎  OPEN 14:30 / START 15:30

チケット    ¥6,500-(税込/All Standing/1Drink別)※前売り特典付
      各プレイガイドにて販売中。 
    ※VIPチケットは予定数に達したため販売を終了しました。
 
プレイガイド    イープラス:eplus.jp
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:323-456
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:74139
レコファン渋谷BEAM店:03-3463-0090
※0570で始まる電話番号は、一部携帯・PHS不可
注意事項    ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
INFO    クリエイティブマン TEL:03-3499-6669
Posted : 2017.04.03
SCREAM OUT FEST 2017の特別先行予約受付中!

■VIPチケット先行予約 http://bm-3.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1546428&sort=n

■一般チケット先行予約 http://bm-3.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1546428&sort=n

SCREAM OUT FEST 2017の特別先行予約受付中!

※2/10頃よりより順次発送予定で他の商品とご一緒にご注文の場合も全ての商品が揃い次第の発送となります。
※整理番号はランダムとなります。

送料・手数料無料!(西濃運輸代引きにてご注文されたお客様は代引き手数料324円が無料となりますが、システム上ご注文画面と確認メールには金額が記載されますが発送時は無料に修正させていただきます。)

SCREAM OUT FEST 2017 
2017/6/4(日)川崎 CLUB CITTA'
■開場・開演
OPEN 14:30 / START 15:30
■ACT
BORN OF OSRIS, CHELSEA GRIN and more
■SOF2017 – 一般チケット¥6,500-(税込/All Standing/1Drink別)※前売り特典付
※前売り特典付
前売り特典はイベント当日、受付でのお渡しとなります。
Posted : 2017.01.18
SCREAM OUT FEST 2017 開催決定!

お待たせしました!8回目のSCREAM OUT FESTの開催が決定!

前回SOF2016はTRIPLE VISION設立10周年アニヴァーサリーイヤーのスタートとなる「祭」として開催、おかげさまでSOLD OUTとなりました。今回は心機一転、会場は「メタルの聖地」CLUB CITTA’川崎に移しての開催です。毎年、何かしら変更があるSOFですが、今回は1ステージ制に戻してバンド毎の演奏時間を長めにしますので今から足腰を鍛えて来てください。他にも色々楽しんでももらえるように画策中です。

BORN OF OSIRISは2013年のSUMERIAN TOUR から4年ぶりの来日、初のSOF出演が決定。
もう1組は昨年RISE RECORDSに移籍して新作をリリースしたばかりのCHELSEA GRINの参戦。
この時点で翌日の筋肉痛は決定ですね。残りの出演バンドも近日公開します!
 
ラウドロックを取り巻く環境は大きく変わり、2016年は国内シーンでも解散や脱退というニュースが
飛び交っていましたが、そんな雰囲気を吹き飛ばすべく、メタルの聖地CLUB CITTA’川崎で、いつも以上に
ハードでラウドなSCREAM OUT FESTを創ろうと思いますので楽しみにしていてください。

 

▶︎TRVE最速先行予約 受付開始 ▶︎http://bm-3.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1546428&sort=n

◆SCREAM OUT FEST 2017
  2016/6/4(日)川崎 CLUB CITTA’  開場・開演OPEN 14:30 / START 15:30

ACT: BORN OF OSIRIS, CHELSEA GRIN  and more..

★ チケット¥6,500-(税込/All Standing/1Drink別)※前売り特典付
★ V.I.P.チケット(数量限定販売): ¥9,500(税込/All Standing/1Drink別)※前売り特典+VIPラミネートカード付

    ※V.I.P.チケットの販売はTRIPLE VISION webshop のみの販売となります。
    ※V.I.P.チケットはOpen時の優先入場および場内バルコニーエリアへの入場が可能となります。

INFOクリエイティブマン TEL:03-3499-6669
主催・企画:TRIPLE VISION entertainment  
企画・協力:クリエイティブマン

Posted : 2017.01.16
SCREAM OUT FES 2016 無事終了!


TRIPLE VISION10周年記念開催、7回目の開催となったSCREAM OUT FEST 2016が無事終了。
7回目にして過去最高動員数を更新、SOLD OUT!!
来場頂いた皆さん、出演者の皆さん、関係者の皆さんありがとうございまました!

「毎年新しいチャレンジを!」というレーベル、イベントポリシーに従って今年は、いつも以上に
ジャンルのクロスオーバーをすすめ、メインフロア内にもう1つステージを作り、記念開催という事で
海外アーティストを増やすなど盛りだくさんな内容となりました。
新しいアーティスト、興味はあったが見た事がなかったアーティストとの出会いはありましたか?
昨日の激しいピットを見ていると、今日は筋肉痛で大変な方も多いと思いますが、
今日は筋肉痛という余韻も楽しんでもらえたらと思います。

来年の事はまったく白紙で何も考えていないのが正直なところですが、
TRIPLE VISIONとしてはまた新しい事にチャレンジしたいと思っています。

ありがとうございました!

TRIPLE VISION entertainment
 
Posted : 2016.06.06
SOF2015 ▶︎ インタビュー【Attila】
 

極悪パーティデスコアバンドとして確固たるムーヴメントとファンベースを確立したAttila。来日を求める声が高まる中、 ようやくSCREAM OUT FEST 2015に参戦を果たし、徹頭徹尾ハードに展開される圧倒のステージングで、フロアに凄まじいモッシュとピットの嵐を巻き起こした。今回はそんなAttilaのフロントマン、Chris Fronzakにインタビューを実施。デスコア、メタル、ヒップホップ、レイヴと様々な要素を昇華したAttilaサウンドのルーツからバンドについて、さらに熱心なビジネスマンとしても活躍する彼の人物像まで、その真髄に迫った。
Interview / Translation Leyna Miyakawa
Photo by Taka Konuma

 
 
 
——初めての日本はいかがですか。
 
Chris Fronzak(以下Chris):ここへ来ることができて嬉しいよ!他のどんな国より、日本に来てみたいとずっと思っていたんだ。また戻ってきたいし、次はもっと長くステイしてみたいな。Attilaは初めて日本でライヴをやるのに、たくさんの人が集まってくれて、すごく光栄だよ。
 
 
——AttilaはUSのジョージア州アトランタ出身です。アトランタと言えば T.I.、B.o.B、Lil Jonと言った有名なラッパーを生み出し続けている土地ですが、その環境はAttilaの音楽性にも影響しているのでしょうか?
 
Chris:うん、とても大きな影響を受けて来た。アトランタにはヒップホップのシーンが確立されているし、その規模もすごくデカいんだ。だからこそAttilaのサウンドにはラップが取り入れられているんだ。俺自身もヒップホップが大好きだしね。
 
 
――特に大きな影響を受けたヒップホップのアーティストがいれば、教えていただけますか?
 
Chris:難しいな!2Chainz、A$AP Rocky、Kendrick Lamar、Schoolboy Q、Lil Jon、Waka Flockaとかかな。クレイジーなパーティースタイルのヒップホップが好きなんだ。
 
 
——確かにAttilaのサウンドには、それらの要素が絶妙に取り入れられていますね。
 
Chris:その通り。Attilaのサウンドはラップと、US南部のテイストに大きな影響を受けているよ。 US南部のサウンドっていうのは、USの他の地域とは全然違ったスタイルだからね。
 
 
——ヒップホップやパーティレイヴ、メタル、デスコアと様々なテイストを昇華したサウンドが、USやヨーロッパはもちろん、ここ日本でも高い評価を得ています。
 
Chris:それは嬉しいね!実は自分の中で、すごくヘヴィなメタルを聴いている時と、クレイジーなラップを聴いている時、同じような感覚を得るんだよ。だからこそAttilaとして様々な要素を昇華できているんだと思うし、結果として、自分好みの面白い音が出来上がっていくんだ。
 
 
——常に斬新なアイディアとサウンドを世に送り出していますが、制作時はどのような部分に重点を置いているのでしょうか?
 
Chris:あまり考えすぎず、まっすぐに自分たちの欲しいものを作ることだけに集中している。というのも、Attilaの曲で人気のある曲や評価が高い曲は、メンバーがスタジオに集まって、自由に作っていった曲だからね。俺たちの場合は、長い時間をかけてあれこれと詰め込むのではなく、自分たちのクリエイティビティを出し尽くして出来上がったもののほうが、より良いものが生まれていくんだ。
 
 
——歌詞については、Chrisがすべての曲を手がけていますね。最新作『Guilty Pleasure』では、過去作よりパーソナルな面を前に出したそうですが、制作作業はいかがでしたか。
 
Chris:もちろん自分の一部分や、内面を曲に込めるのは大変な作業だったよ。でもそれよりハードだったのは、このパーソナルな部分が、思ったほど人々に届いていないとわかったことだったんだ。
 
 
——リアクションが薄かった、ということでしょうか?
 
Chris:そうだね。「もっとパーソナルな曲が聴きたい」とか、「深く掘り下げた曲を聴きたい」というリクエストがあったのに、実際にそういった曲が出来上がってみると、他の曲と比べてもあまり反応が無かった。不思議なものだよね。自分が書いたものに対して満足はしているし、出来上がった曲は素晴らしいと思うけど、それほど求められている要素でもなかったみたいなんだ。
 
 
——なるほど……。あなた自身は、歌詞を通じてパーソナルな面をファンの方と共有することについて、どう思われますか?
 
Chris:俺自身はすごく好きだよ。それこそが、ヴォーカリストとしての務めだとも思ってる。歌詞というのは、みんなが見ることができる、俺の一部分でもあるからね。
 
 
——では、少しパーソナルなお話も伺わせてください。あなたはVans Warped TourでAttilaとしてパフォーマンスを行う他に、イベント中に行われるThe Entertainment Instituteというワークショップで教鞭をとるんですよね。
 
Chris:うん、そうなんだ。Attilaの一部のファンはすごく若くて、感受性が高い子もたくさんいてね。彼らに今後の可能性や道筋を提示してあげられるこの機会は、すごく貴重なものだと思う。それに今Attilaを聴いている子たちは、俺が若い頃の姿にそっくり子も多いんだ。そんな子たちに俺が今までつけてきた知識や、起業家としてのノウハウを教えてあげられるのは嬉しいね。
 
 
——どのようなクラスになりそうですか?
 
Chris:起業家になるには、という内容がメインだよ。具体的には自分でビジネスを始める際にはどうしたら良いか、とか、会社の経営についてだね。世の中にいる全員が9時〜5時の、普通の仕事をしたいわけではないと思うんだ。中には自分の愛するものや好きなものを追求して、自分のキャリアにしたいという人もいると思う。その気持ちって、すごく大切なものだよね。だからこそこうしたクラスを開いて、キッズに次なる一歩の踏み出し方を示していきたいと思っているよ。
 
 
——ご自身でもStay Sick Clothingというクロージング・ラインやレーベル、さらにAppの発売など、多岐にわたるビジネスを展開されていますよね。
 
Chris:俺自身、色々なことに携わることが好きだし、そうすることによって、独創的な考えも生まれてくるんだ。音楽だけやっていればいいとか、ブランドだけをやりたい、レーベルだけに力を注いでいきたい、という気持ちは全くなくて、あらゆる方面からビジネスに携わっていたい。まだまだ他にやれることがあるんじゃないか、と模索しているくらいだからね。
 
 
——Attilaとしてはもちろん、それぞれのビジネスで成功を収めていますが、あらゆる方面で展開を見据える理由を伺ってもいいですか?
 
Chris:努力すればしただけ、人は成長して、より良い人間になっていくからだよ。俺の頭は24時間365日、フル稼働している。そうやって常に動いていることが好きなんだろうね。新しくできることをいつも探しているし、自分自身を高めていきたいと日々思っているんだ。だからこそこうやって、様々なアイディアが生まれていくんじゃないかな。もちろん、全員が同じ方法を選ぶ必要はないよ。中には、人生のうちで1つのことを極めて成功を収めている人もたくさんいて、それは素晴らしいことだと思う。そんな人が、俺みたいに10個も20個も同時進行で物事を進めていたら、きっとパンクしてしまうだろうからね。
 
 
——自身の個性を活かすことも、強みになっていきますよね。
 
Chris:本当にそうだと思う。やり方や個性って人によって違うから、自分ができるだけのことを精一杯やるのが重要だと思うよ。俺の場合は、常に忙しくしていたほうが効率が良いから、そうしているんだ。
 
 
——音楽とビジネス、両方において成功を遂げている秘訣も、そこにあるのでしょうか。
 
Chris:これに対しては、長い答えになってしまいそうなんだけど……一番重要なのは、自分のやっていることに対して、いかに打ち込んでいくか、ということなんじゃないかな。少しくらい嫌なことやくじけそうなことがあっても、それを乗り越えていくことが大事だと思う。それともう1つ知っておくべきことは、バンドをやるにしてもビジネスをやるにしても、理想の自分の姿にたどり着くまでには、それなりの時間がかかる、ってことだ。例えばAttilaでいうと、最初の5年間はどこにも行くことができず、何もできなかった。マネジメントに所属しレーベルとの契約を交わして、ツアーに出られるようなバンドになるまで、本当に長い時間がかかったんだ。だからもし、今自分が愛していてやりたいと思っていることがあったら、例え時間がかかっているとしても、食らいついて諦めない方がいい。努力と決断力、情熱、熱心でいること。そして、時間がかかっても諦めないこと。この5つが、成功するのに重要な要素だと思っているよ。
 
 
——では最後に、Attilaとしての今後のヴィジョンをお聞かせ頂けますか。
 
Chris:USでは大きなファンベースを築き上げることができたから、同じくらいのファンベースが他の国でも作っていきたい。USだと凄まじい数のオーディエンスが会場に集まってくれて、ソールド・アウトしているショウもたくさんあるんだ。同じくらいのムーヴメントを日本やオーストラリア、色んな国で起こしていきたいと思ってる。だからバンドとしてのゴールは、Attilaがワールド・ワイドに成長していくことだね。
Posted : 2015.06.15
<  1  | 2  | 3  >


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。